MBP メモリ増設

背中のりんごが光る Macbook を捨てるのはもったいないので、少し動くようにメモリを増やすことにしました。

今回触るのは MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)。プロセッサは2.26GHz Intel Core 2 Duo
グラフィックスは NVIDIA GeForce 9400M 256MB。問題のメモリが2GB。

10年前、SnowLeopardのときはWindowsユーザーには立ち上がりの速さに感心されていたものですが、OSアップデートでMountain Lion にしたらすべての動きが遅く、スノレパに戻したりしましたが、OSが古くなればアプリも非対応になってくるので5年以上放置していました。

フリマアプリで2GB2枚セットを購入。

MacBook の底面をはずします。00番のプラスドライバー1本で作業できます。

ビスは10本。うち3本は長いです。どれも先が尖っているのが驚き。

外したところ

Macbook Pro Mid2009

メモリを外します。

メモリスロット

新しい(中古)メモリを挿します。

2GB2枚

Catalina も動くようになりました。動きはサクサクとは程遠いですが・・・

HPノートPCファン交換

HP PAVILION(ノートパソコン)の異音がするので修理します。

市内の量販店で延長保証期間内でしたが、メーカーの部品がないとかで修理を断られたらしいです。

ガラガラという回転系の音なのでCPU冷却ファンで間違いないと思います。

ノートを裏返します。

HPノートパソコン底面
HP PAVILION底面

ビスは全部で11本。底面の滑り止めゴム4箇所すべて、はがしたところにビスが隠れています。ゴムは外側からはがして、内側半分くらいはつけたままにしておくと、貼り直しが楽かと。

かくれネジ
ヒンジ側各2本
かくれネジ
手前側各1本

中央付近(写真のDVDドライブ用と書いたところ)のビスは、DVDドライブを止めているので、DVDドライブだけ外したい時はこれだけで大丈夫です。DVDドライブは手で引っ張り出すだけです。

DVDドライブは簡単に抜けます
DVDドライブを抜いたところ

裏蓋を剥がすのが一番難関ですが、まず、DVDドライブが入っていたところにプラスチックカードを差し込んでいくとツメが外れます。

Continue reading

iPhone背面タップ

最近、AssistiveTouch(iPhone の画面上にあるホームボタン的な)がいつの間にか消えていたりするので、iPhone 8も買い替え時かな?と思っていたのですが、そうでもなかったという話。

背面をダブルタップでiPhone のスクリーンショット(画面コピー)ができるのはまあまあ便利なんですが、

ちょっとテーブルに置いた時にカタカタッという感じになるとスクリーンショットが撮られてる。

置いたところに振動が加わるとスクリーンショットが撮られてる。

というように、ふようなところでスクショされて、「写真」の中にどうでもいいスクショがいくつも保存されてるというような、便利さとどちらを選ぶか、悩むことも多いです。

ということで、背面タップの設定を見直そうかと思って画面を開いたら、「トリプルタップ」「AssistiveTouch」の設定になっていました。

たぶんトリプルタップでやりたいこともないだろうと、適当に選んでしまったのだと思います。それで、意図せずスクショ撮られてるのと同じ理由で、意図せずAssistiveTouchがOFFにされているのだと気づいた次第です。

ちなみに
設定 – アクセシビリティ – タッチ – 背面タップ

Kensington Trackball

3年3ヶ月前にも投稿したこのKensington Orbit Trackball with Scroll Ring ですが、いわゆるチャタリングというか、左クリックが反応したりしなかったり状態になったので、例の5年保証で交換してもらいました。

昨年デスク周りを片付けた時にたぶん保証書付きのパッケージを捨ててしまったと思ったのですが、保証書がなくても本体シリアルナンバーと購入証明書の類だけでOKという素晴らしい対応。

午前中にアコ・ブランズ・ジャパンのお問合せフォームから連絡したら20分弱でメールで返信があり、その日の夕方には交換商品が発送されました。

というわけで、問い合わせから24時間以内に新しい商品が届き感動しています。

Kensington Orbit Trackball with Scroll Ring

同じ商品で新しくなったわけですが、スイッチが変わったのか、単に使い込んだものと新しいものの違いなのか、クリックの感じが変わったような気がします。(返品の梱包前に並べて比べればよかったと後悔・・・)

カチッカチッだったのがポクッポクになった?という感じ。大袈裟に言えば、メカニカルからメンブレンに変わったような(良い意味で)。新旧比較はそれほど意味ないですけど、いずれにしても新しくなって良くなりました。

クリックが反応しなくなった日は、「ホームページのリンクができていないのかな?」と心配になったり、クリックしたいところでダブルクリックになって画面が最大化されたり、ドラッグの途中意図しないところでドロップされたり、当然マウス(トラックボール)の不調はストレスですが、素早い対応で助かりました。

Continue reading

Taotronics スピーカー

これまで、PCのスピーカーは10年前にBTOパソコンにおまけでついてきたスピーカーをつけていたのですが、スマホのノイズを拾ったり電源入れているだけでジージー音がしたりするので、買ってみることにしました。

まず、宅急便で届いた外箱はかなり大きい。でも箱の中はほとんど空気(Sealed Air)で、その中に細長い商品の箱。買う前に細かいサイズは見なかったので、商品の幅40センチはけっこう大きく感じます。

音は、しっかり安定した音がでます。以前のスピーカーが0.5Wで今回が5Wなので。
一人ならPCもスピーカーもボリュームかなり小さめが良さそう。
電源はUSBですが、iPhone充電用のアダプターからとりました。

写真の通り、モニター下に収めるのが良さそうですが、それなりにスペースが必要です。私の場合はLGのモニターのスタンドの上に18mm厚の集成材を置き、その上にスピーカー。板の下にキーボードが入るスペースが欲しかったのにそれは叶わなくなりました。モニターアーム使ってるといいかもしれませんけど。

iPhone とBluetooth接続もしてみました。

右のボリュームつまみを2度押ししてBluetoothモードに変え、iPhone のBluetooth設定でスピーカーを探して簡単ペアリング。音もきれいに聞こえます。(音にこだわりのない人の感覚的な感想)。

東芝一体型PCの分解

2010-2012年頃発表された東芝dynabook Dシリーズ(Qosmio D710、D711、Regza PC D731など)のハードディスク交換です。

本来、一体型PCは分解することを想定していないので自己責任です。ちなみにメモリはかんたんに変えられるよう、背面に小窓がついています。

スタンド含め、背面に見えるビスを外します。スタンドを外したあとに現れるビスも外します。ビスはプラスドライバーの使い勝手の良い2番と、小さめのドライバーがあると良いです。2種類でOK。

スタンド外したあと
スタンドを外したあと

DVDドライブは細い棒(ゼムクリップを伸ばしたようなもの)を小さい穴に刺してちょっと引き出しておきます。

背面右下のプラスチックボディの切れ目に大きめ(先程使ったドライバーの大きい方)のマイナスドライバーを差しこんで少し開きます。差し込む深さは5ミリくらい?ドライバーが厚くなるところくらい。

ここまでは簡単ですが、これから先が難しいところです。
差し込んだドライバーを上の方にずらしながら、プラスチックの爪が効いていそうなところでドライバーを捻って隙間を広げていきます。爪がバチッと外れたら先に進みます。ぐるっと一周ツメが外れたら一気に持ち上げません。

液晶面と背面は1本ケーブルがつながっています。下の画像の右端、ボタン電池の上のS/Wというところだけ外します。(メモリの蓋を外した時に抜いておけば大丈夫ですが。)あとはDVDドライブのところをずらしながら背面カバーを外します。

dynabook 一体型PCの中身
dynabook Qosmio/Regza PC D700番台

上の画像で爪の位置を参考にしていただけると剥がしやすいかもしれません。

ちなみに上の画像はすでにHDDを外しています。中央下部のスペース、青いケーブルのあたりにHDDが固定されています。

今回は2.4インチSSD換装しましたが、元のHDD用ブラケットは2.4インチに対応していないので、工夫してつけます。どれかの穴に合わせるとSATAケーブルが刺さらないので。

もとに戻すのは簡単です。ツメを合わせていただければ。

東芝一体型PC分解
こんなキズをつけないように気をつけましょう

10年近く経っているので、i3とかi5でも非力に感じますが、軽い作業なら十分こなせそうです。テレビは試していませんが。

MacBook Air

販売開始から約2週間、レビューの良いところだけ信じて、Apple M1 チップ搭載のMacBook Air を買ってみました。

視点が逆
箱のシール

シールの下にうっすらintel CPUバージョンのスペックが・・・

ボディやケーブルは同じなので、以前から使っていた箱にシールを貼ったようです。
これもSDGsの一つですか。

早い速いという評判ですが、箱から出してMacBookを開けた途端、

ジャーン

Macのオープニングの音がいきなり鳴るあたりはさすがとしか言いようがありません。

iPhoneやiPadのようにWi-Fiパスワードを共有できるかと思ったら、最初はAppleIDもサインイン前なので手打ちです。

とりあえずトラックパッドの設定でタップでクリックが必要です。(お好みですが)

Pages , Keynote , Numbers , iMovie , Garage Band のアップデートが入ってきましたが、アップデートは想像以上の時間がかかりました。想像も人それぞれなのですが、10分以上はかかりました。インターネットの回線速度チェックでは下り400Mbくらい出ていたので、回線の問題ではないと思います。Appストアが悪いのか?

MBP2009以来のMacBookなので、色はシルバーの予定でしたが、人気があるのかないのかわからないゴールドになりました。色だけを見に行った家電量販店でゴールドだけ在庫があったので。ゴールドと言っても、万人が思うゴールドではなく、最も軽いMacBookが出た時のゴールドと多分同じです。ゴールドというよりもっとわかりやすい名前の方が良いと思います。グレーがスペースグレイとか特殊な色名になっているみたいに。

リンゴステッカーもGold

WCEX Yamato Number改

Welcart 用のヤマト運輸送り状発行システムB2連携プラグインWCEX Yamato Number

B2用のCSVデータを出力できます。

宅急便の伝票には「お届け先」と「依頼主」を記入するので、店舗から発送する場合のことを考えて、依頼主を「店名(固定情報)」または「購入者情報」にするのかを選べます。

基本的にそれで十分なのですが、プレゼントやギフト商品も扱うお店の場合、

  • 自分用に購入した(購入者とお届け先が同じ)場合は、「お店」から「購入者」へ
  • プレゼント用(購入者とお届け先が違う)の場合は「購入者」から「お届け先」へ

というように、「依頼主」欄を「お店」と「購入者」と使い分けたい。という希望もあります。というわけで、そのためにちょっと手を加えます。(「お店情報」と「固定情報」が同じ場合に限ります。)

WCEX Yamato Numberプラグインの、YamatoNumber.class.php ファイルを開きます。

Ver.1.1.5の場合、たぶん691行目に依頼主欄の条件が書かれています。

if( self::$opts['sponsor_flag'] ) {

プラグインの設定で「固定情報」を選んだら・・・(固定情報を出力)という感じで、それ以外(「購入者情報」を選んだら)購入者情報を出力することになっています。

それで、もう一つ、お店情報を出力するための条件として、「『購入者』と『お届け先』が同じ場合」を追加しようと思います。

if( self::$opts['sponsor_flag'] || 0 == $delivery['delivery_flag'] ) {

としました。

するとどうでしょう。プラグインの設定(Welcartのシステム設定拡張機能)で依頼主の出力方法を「購入者情報」にして、CSV出力すると、

購入者と発送先が同じ場合は、依頼主欄にお店の情報が出力されました。

注:プラグイン本体を書き換えますので自己責任でお願いします。また、プラグインをアップデートしたら再設定が必要になります。

グラフィックボード交換後

動画の書き出しに効果を期待してグラフィックボードを購入したのですが、取り付け後、10分程度の動画の書き出しをしたらCPUファンの回転数がめちゃくちゃ上がります。

CPUID HWMonitor を見ていると、CPU(Core i7 6700)がフル稼働してコア4つとも40℃近く上昇して70℃くらいになっています。
グラフィックボードのほうはGPUもビデオエンジンもほぼ動いていない様子。

書き出しには意味がないのか?と思いながら調べると、ドライバーの更新が必要らしいです。
NVIDIAのサイトから型番でドライバー検索してダウンロードします。

2本目の動画書き出しの途中でドライバー更新したら、PCの再起動を要求されたので、Premire pro と Media Encoder を終了して・・・と思ったらフリーズ。強制的に電源を落としました。

それでもインストールに問題はなかったらしく、起動後は書き出し時にグラフィックボードが活躍しているようです。
CPUファンがうるさくなるほど回転は上がらず、書き出しもかなり早くなりました。(同じ動画で時間を測ればよかったですけど。)

ということで、グラフィックボードのドライバーはインストールしましょう。

m.2 SSDを増設

Cドライブが240GBの2.5インチSSD、Dドライブを3.5インチHDDにしていますが、CドライブがいっぱいになってきたのでSSDを付け替えることにしました。

「裸族のお立ち台USB3.0」もありますが、AC電源が必要なのでいつもつないでいるわけではなく、内蔵にするなら2.5インチじゃなくてメモリーみたいな形のほうが安いのかな?と思って商品を探しました。

世間の常識かもしれませんが、そっち(メモリーみたいなほう)のほうが速いので一般的には高いみたいです。
たぶん組み立てた3年前はもっと高くて眼中になかったのかも。

ASUS H170-PRO

マザーボードを見てみると、PCIe3x4のソケット(スロット?)があるので今回はそちら(m.2)にトライしてみようと思います。
似たような形で若干お得なのもありますが、そちら(ややこしい?)は、SATA接続になるようですので注意が必要かもしれません。

今回購入したのはWesternDigital SSD WD Blue SN550シリーズ NVMe M.2 2280 500GB(ウェスタンデジタルの500GBSSD)
画像はAmazon

熱を持つらしいので数百円のヒートシンク(アイネックス AINEX M.2 SSD用ヒートシンク HM-21)も買うことにしました。効果はわかりませんが。

装着の様子は動画でご覧ください。

続きはCドライブから新しいSSDにデータコピー(EaseUS Todo Backup使用)

Continue reading