カテゴリー別アーカイブ: Work

PR動画制作

お客様の商品PR動画を作らせていただきました。

これは主に Adobe AfterEffects と Premiere Pro で編集しています。
写真撮影、動画撮影、アニメーション制作、ナレーションも承っております。

宣伝のみの投稿でした。

マザーボードにCPU

今回購入したのはASUSのH170PROです。とりあえず箱を開け、袋から出して、箱の中に出します。

いろんなところで見られるので写真は必要ないと思いますが、一応掲載します。

ASUS H170PRO

次にCPUを出します。
箱の中身のほとんどはクーラーです。

CPU

グリスは塗られています。手前の小窓から見えるのがCPU。
今回はCore i7 6700です。
続きを読む マザーボードにCPU

PC組み立て

PCの電源が入らなくなったため、買い替えることにしました。
次はiMac のつもりでしたが、21.5インチが3つ並ぶスペースはなく、やはりWindowsがあると便利な場面もあるので、WindowsPCにします。

家電量販店に見に行くと、ほとんどデスクトップは一体型で、やはりノートとタブレット、スマホの方が人気で、タワー型には選択肢がほとんどありません。
PCデポもオリジナルのBTOよりはギブアップ券付きの自作パックは種類が多く、割安感がそれほどありません。
OAナガシマにはお買い得のミドルタワー(Core i5 6400, HDD1T,DDR3メモリ4G)があったので、その辺で妥協して手持ちのメモリを増設して・・・と気持ちはそちらに傾きましたが、PCに直接関係していない仕事をしている親族にはCore i7を勧めておいて、それなりにPCで仕事をしている自分がi5というのも悲しいので、本業ではありませんが、今後の勉強のためにも自分で組み立てることにしました。

前置きが長くなりましたが、そのOAナガシマでそろえたのがこちら。

parts

ThermaltakeのH20シリーズ。ケースは買わない予定だったのですが、電源付きZOAオリジナルがお買い得だったので購入。

マザーボードはASUS H170PRO 。一番の売れ筋のようです。

Core i7 6700。これをメインに構成しています。

SanDisk SSD 240G。SSDも買う予定はなかったのですが、Windows10を買うついで?に買ってしまいました。

CFDメモリ 4GB×2 DDR4。 DDR3の手持ちを使うためにDDR3対応のマザーも考えましたが、何年か使うことを考えてDDR4を選択。

シリコングリス。CPUの純正クーラーを使えば必要ないのですが、これまで使っていたCPUクーラーを付けるために購入。

Windows 10 HOME。レジで合計を聞いた時に、「(頭の中の計算より)だいぶオーバーしたな~?」と思ったのですが、「SSDとかメモリはそれなりに信頼できそうなのを選んだからか・・・」と車に乗って帰ったのですが、やはり気になって帰宅途中にレシートを見ると、Windows 10がProになっているではないですか。
HOMEを買ったのに、店員さんがPROを持ってきたらしく、店まで戻って交換しました。
それでやはり頭の中の計算通りになり安心しました。

組み立ての様子は別の投稿にします。

故障

スリープからの復帰が不調だったので、最近のビデオカードのドライバーアップデートやWindowsアップデートを戻しました。

それでも症状が変わらないのでボタン電池を交換しました。

ビデオカードの下になっていたので、外して電池交換、またカードをはめて、電源スイッチを押すと、全く反応なし。

いろいろ試して、結局、CPUとクーラー以外全部外して電源を繋いでいますが、ダメでした。

クレジットカード端末

クレジットカード決済を導入したがうまくいかないというお問い合せをいただき、お客様のところに伺いました。

ウェブサイトのショッピングカートにカード決済を導入するものと思って伺ったのですが、実は、店舗でのクレジットカード決済端末導入後、一度端末を外したらデータ送信できなくなったとのことで、一瞬、

「?」

という感じでした。

話を伺い、エラーのレポートを見ると、親機のアドレスが違っているようでしたので、カード端末の設定で親機のIPアドレスを変更したら送信できました。

さらに、端末を無線LANで接続したいというご要望で(子機とカード端末は有線)、購入済みの無線LANルーターを子機モードにしてフレッツ光のHGWと無線接続。これは子機にするルーターの「かんたん設定」で簡単に接続できました。
そして無線子機(ルーター)とカード端末を繋いで再度データ送信テストをすると、無事、送信できました。

全体を通してやったことはLANの設定にすぎないのですが、貴重な経験でした。

MW WP Form

お客様から、確認画面付きの申込フォームを使いたいとのご希望でしたので、MW WP Form プラグインを使わせていただきました。

これまで、問合せフォームは ContactForm 7 のほぼ一択だったので、多少慣れも必要だとは思いますが、高機能なプラグインでした。

確認画面は別に作る必要もありませんが、表示を変更したければ確認画面、エラー画面、完了画面をそれぞれ追加できるのも便利です。
ところが、その部分で躓きました。

サイトでそのフォームを開こうとすると、ブラウザでは「ループしてしまう」という旨のエラーメッセージ表示で動きません。

そういったフォーラムとか説明されたページも見ましたが、どうも今回の自分の問題とは違うようです。

実際には、もっと初歩的なミスで、アドレスの最後の“/”(スラッシュ)をつけていなかっただけでした。

MW WP Form のURL設定
MW WP Form のURL設定

防犯カメラ設定

防犯カメラのwi-fi設定のご依頼を受けました。

カメラは SC-831NH1 です。

カメラの箱だけで録画の本体がなく、どんな仕組みになっているかわかりませんでしたが、やってみるととても簡単でした。
(自分のものではないので設定状況の画像なしです)

カメラ1台ごと、有線LANでルーターに接続し、PCにインストールしたソフトでwifiの情報などを入れます。
ここでちょっと手こずったのは、現場の無線ルーターが親子(2台)になっていて、カメラを子ルーターに接続していたので、設定ができませんでした。
(説明書には、2台の場合は親ルーターに繋ぐようにとちゃんと書いてありました。)
親につないだら全く問題なく設定できました。

あとはLANケーブルを外し、カメラは電源だけで無線の届く範囲に設置すれば完了です。

外出先でスマートフォンなどから映像を確認したいとのことでしたが、カメラの映像を見るには固定IPなどが必要?という懸念がありましたが、不要でした。
IPCAMスマホやタブレットにP2PWIFICAMというアプリをダウンロードし、カメラについている個別のQRコードを読み取り、PCで設定したパスワードを入れるだけです。

これだけ簡単だと、民間施設や一般家庭の防犯カメラが増える理由もわかります。もちろん、防犯だけでなく、ペット、介護にも活用の幅が広いと思います。

一つ気をつけるのは、「内蔵microSD(別売り)に録画できる」という部分ですが、単にmicroSDが別売りということではなく、注文時にmicroSD対応のオプションを付けたカメラ(スロットがついたカメラ)を買う必要があるようです。
32GBのカードでどれくらい保存できるかわかりませんが、長時間録画が必要な場合は、録画本体がついた機種を買ったほうが良いのかもしれません。
PCにインストールしたソフトで録画もできると思いますが。

System Care Antivirus

先週、お客さんから

「急にウインドウが出てきて、英語を調べたらパソコンが危険な状態らしい」

との電話がありました。
画面を写メしてもらうと、

System Care Antivirus

というウインドウです。いかにも怪しいウイルス警告。

今月流行ってきているらしいです。

ネットセキュリティブログさんの記事を参考に処理させて頂きました。

記事中にある、「fakeav駆除ツール・一括ダウンロード」

のリンクからダウンロードすると、まず、
ATF Cleaner というツールがダウンロードされ、それを使いますが、Comic Sans 系のフォントでちょっと不安になるかもしれません。
閉じると、別のツールがダウンロードされるので、また不安を感じることも。
でも、一つ一つ、それほど時間がかからないので、順に作業していきます。

失敗したのは、tdsskiller というツールで、スキャンすると、すぐにスキャンボタンに変わるので、少しずつ繰り返しスキャンするものと思い、何度も同じ事を繰り返してしまいました。
たぶん1回終わったら閉じて次に移ってよさそうです。

ひととおり回復作業が終わり、脆弱性が指摘されているソフトをアップデートしました。

その後、ウイルスの仕業かどうかわかりませんが、NTTのセキュリティ対策ツールのバージョンアップができず、中途半端に削除されたような状態で、インストールCDがなくてオンラインでは新規インストールもできません。

とりあえずMcAfeeはインストールできたので、しばらく様子見です。

IE9

ホームページ(Wordpress)の更新ができなくなった。

というお客様のところに行って来ました。

更新頻度が高くないので、いつから更新できなくなったかはわかりません。

最近、PCを買い換えたり、OSを変更したりもしてはいませんでした。

「なんでですかね~?」

と聞かれても、すぐには答えられません。

 

表を更新するために、Tiny MCE Advanced を使っていますが、確かに、ビジュアルで編集する時にテーブルの編集ができません。

HTMLで行を追加したりすることはでき、ビジュアルに戻ればそのとおり表も変わっています。

WordPressのバージョンとプラグインのバージョンが合っていない?とか考えましたが、それまで使えていて、お客さんの方でバージョンアップした形跡もありません。

 

ところが、とりあえず「更新」してみると、Yahooツールバーのページを移動するかとどまるかの警告が出て、更新できません。

 

Yahooツールバーが何か悪さをしているわけではないだろうと思いながら、考えていると、Internet Explorerを使っていることに気づきました。

お客さんのデスクトップにはChrome とか LunaScape なんかのちょっとマニアック?なアイコンもあったので、Chrome を使ってダッシュボードを開きました。

 

すると、普通に(表も含めて)ビジュアルで編集できました。

ワードプレスのバージョンが2.7なので、IE9では不具合が生じているようです。

更新にはChrome を使ってみてくださいとお願いして帰ってきました。

 

そういえば、最近PCを買い換えたお客さんも、新しいPCで更新すると、それまで打っていた文が全部消えてやり直しになってしまうとか言っていました。

別の古いPCでは更新できるとのことだったので、原因究明していませんでしたが、Wordpressバージョン2.8なので、同じ理由のような気がします。

不完全

USB3.0 インタフェースボード
USB3.0 インタフェースボード

USB3.0増設ボードをつけました。

マザーボードのスロットにしっかりとはまらない(固定の角度的に)のを気にしながらとりあえず電源を入れたら、その後で重大なミスに気づきました。

 

USB3.0インタフェースボード
スロットに完全に入ってない・・・

 

電源ケーブルをつなげてない・・・。

 

ということで当然認識されないので特に問題はないといえばないのですが、つけたからには使えなくては意味がありません。

 

少し落ち着いてから、先ほど、再度PCの電源を落として、本体内部の電源コードを見てみると、4ピンはたくさんありますが、しっかり結束バンドで束ねられているので、それをばらさなければなりません。

プラスチックの結束バンドを、長年使っている愛用のOLFAサブナイフで切りました。

なかなか固いので、「これが切れてナイフが勢いで飛んだら、ケーブルを持ってる右手が切れるな。」

と思って、右手の位置を考えながら切っていると、やっぱり左手のナイフが結束バンドから外れ、右の人差し指を切ってしまいました。(落ちていませんが)

 

とりあえず指で押さえて止血しましたが、ちょっと様子を見ようと指を離すと、けっこう血が流れてきました。

 

危険予知しながら自分では注意深く作業しているつもりでも、しっかりと対策しなければそのとおりの危険に遭ってしまう。ということをつくづく感じました。

 

今は切った指の腹にバンドエイドを巻いていますので、キーボードを打ち間違えながらこれを投稿しています。

指先なのでタッチパッドもしばらく使いにくいだろうなと思いながら・・・。