Kensington トラックボール


Logicool M570 のチャタリングが発生してから、しばらくヤマダ電機ブランドの安い有線マウスを使用していました。

見た感じは良さそうだったのですが、デスクトップで使用するには軽すぎ小さすぎ、クリックするたびにカーソルが微妙に動いてしまうこともあり不便さを感じておりました。

BSでLogicoolの MX ERGO を知り、購入を検討しましたが、とりあえずKensington の Orbit(TM)Trackball with Scroll Ring (オービットトラックボールウィズスクロールリング)という長い名前のトラックボールを購入。

トラックボール商品画像

口コミでは、信頼のケンジントンとか、5年保証とか、良いことが多く、しかもリーズナブルだったのが決め手です。

形は、M570のような質感とボールの色ですが、左右はシンメトリーです。
Kensingtonトラックボール

右手の場合、親指左クリックになると思いますが、それほど違和感はありません。習慣で人差し指でクリックしようとしてしまうと、ボールに触れてカーソルが動いてしまったりしますが、慣れでしょう。

右クリックは、小指になりそうですが、それほど頻度は高くないので、(どうでも)よさそうです。

クリック位置で手を合わせると、ボールの操作が、指先ではなく第一関節の腹あたりになりますが、マウスと違って移動する必要が無いので、手を少し動かすことになるかもしれません。

一般的なマウスのスクロールホイール(コロコロ)は、ボールの周りのスクロールリングになっているのですが、これも特に違和感なく直感的に使える良いデザインだと思います。

標準でリストレストが付いています。専用設計の・・・という説明がありますが、唯一といっても過言ではない形なので当然でしょう。
リストレスト

装着すると、なんとなく、クリオネを黒くしたような形です。

こちらの素材は少しラバーっぽくなっているので、手がウェット気味だと、手を離した時にくっついてくる感じがあります。
個人的にはリストレストの必要を感じませんが、せっかくなのでつけて使ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です