メモリ増設


2003年製のPC。

2年ほど前、アダプターをつけたマイクロSDを差し込んだ途端、電源が落ち、電源が入ったり入らなかったりを繰り返し、電源ユニット交換(保証期間内)をしたが、今はDVD、CDの書き込みが不調なこと以外、全く不自由なく使っている。

が、なんとなく動きが遅くなっている感がなくもなく、Cドライブの空きを増やしたりしてみたが、やはりPhotoshop やら Flash を使うのにメモリを増やしたほうがいいのかな~と以前より思うことが多くなったので調べてみると、価格.comでは最安が1760円(ノーブランド)、2番目でも2480円(Trancend)でしかも2番目の最安はAmazon。

1万円くらいかと思って買うつもりがなかったのが、この値段ならがぜん買う気になってしまいました。

もちろんアマゾンでよかったのですが、一応地元の量販店も確認。ちょっと遠めのEidenへ。

DDR333-512M ありました。2,580円(CFD Memory)。amazonより100円高いけど、ガソリン使ってきたことを考えて購入しました。
ついでに5年も使っているパソコンがいつ壊れるか怖くて仕方ないので買おう買おうと思っていた外付けHDDも広告の品、バッファローの160GB、8,800円。もっと大きいやつのほうが割安ではありますが、ウチの120GBでさえいっぱいになっていないのでとりあえず一時的なコストを抑えて。

家に戻りさっそく本体を空け、中を見ます。空けるたびに気になるファン周りのホコリ。掃除機で吸いました。
それから買ってきたメモリを装着。けっこう固くておもいっきり押し込みました。
さて、めちゃくちゃ早くなっちゃったらどうしよう~。なんて思いながらコード類をつないで電源ON。

電源入った!と思ったら1秒でダウン。と思ったら数秒後にもう一度立ち上がろうとするもののやはり1秒ほどでダウン。少しずつタイムを伸ばしてそのうち立ち上がるかな?と思いながらもいかにも本体に悪影響がありそうなので、電源ボタン長押しで強制ダウン。

さきに外付けハードディスクにデータを移しておくべきでした。

そんな後悔しながらももう一度本体を空け、増設したメモリを外して電源を入れてみると、何事もなかったように立ち上がり、画面も元のままでした。

一度死んだものと思い、今度は古いメモリを外して、外したところに買ってきたメモリを装着。

電源ON。

一瞬変な音がしただけで見事立ち上がりました。
ということは買ってきたバルクメモリも不良品ではないということです。
やはり古いメモリ(サムスン)とCFDの相性が悪いのでしょうか?

ということでもう一度だめもとで。今度は元々使っていたメモリを2番スロット(?)へ。

今度は立ち上がりました。

あとはメモリを認識しているかどうかの確認です。

マイコンピュータのプロパティ。開いてもメモリの表示が見当たらない。

立ち上げの時にBIOSの確認とかのところで見ないといけないのかな?と思いつつネットで調べると、やはりマイコンピュータのプロパティで確認できるようで、もう一度やってみました。

見落としていただけでした。というのも、512MB(実際はもっと少ない)とかの数値かと思っていたところが、0.99GB になっていたからです。なんで1以下?っていうか、小数点以下2桁まであったのでCPUのクロックと勘違いしてしまったのでした。

というわけで5年物のXPもまだまだ使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です